プロフィール

こんにちは。ミナミです。
40代半ばの会社務めしているおっさんです。
2010年の7月からFXを始めました。

それからFXと日々お付き合いしています。

成績はというと、300万稼いだ年がありました(確定申告で泣きましたが……)。
昨年は200万以上負けました。

結局やや勝っている、ようです。

しかし、昨年後半あたりから、
「なんでこんなに大きく負けるんだ?」
「なんで大きく勝つこともあるんだ?」
と自問自答を繰り返しました。

こんなんでは、生活がやっていけないよ……。
というのも、このFXを生活の足しにしてしまっているからなのです。

それは、FXに出会って半年くらいたったころでした。

それまで10年以上勤めていた会社を退社しました。
原因ははっきりしています。ストレスからの病気でした。
その会社では製薬会社でした。そこで私は製品管理に携わる仕事をしていたのですが、
何しろ、クレームが多いのです。社内外からの。それをほぼ一人で受けていたので、

逃げ場もなく、ただただ、つらくなるばかり……。

結局体壊して、通常業務が難しくなり、退社という事になりました。
私の先輩にも身体壊して退社した方も何人もいたので、注意はしていたのですが。

会社を辞めて、闘病生活の始まりです。病院行ったり、入院したり、ハローワーク行ったり。
仕事をしないという事って、どういうことか、初めてわかりました。

お金が入ってこない事なのです。

雇用保険はというとしばらくはもらえませんし。まして、一時的なものには変わりありません。
お金が入ってこないというストレスは思いのほか強いのです。特にずっと働いていたサラリーマンの私のような人間にとって。

そんな時、あらためて思い出したのがFXです。細々と続けていたFX。このFXでお金を稼げないものかと思ったのです。

この時の私の手法はこんな感じでした。
・チャートを見る。
・トレンドがあったら、それに乗る。
・1000円以上の儲けになったら決済。それでもトレンドが続きそうだったら続けてポジションをとる。
・トレンドに乗れずマイナスになったら、放置。

つまり、どんなことが起こるかというと、塩漬けポジションが増えるということです。マイナスの数字の列が……。

しかし、このころ、ドル円が80円前後の時でした。
今思えばレンジ相場で上下が盛んだったのです。よって、塩漬けポジションも時間がたてば決済できた……。
よって、かなりの儲けが出ました。

しかしこんなことが長くは続きません。

そうです。アベノミクスです。12年末から起こった怒涛の円安。
もちろん私はそんなの見抜けず、ショートのポジションを持ち続けました。ナンピンとかもしました。

その結果、耐え切れずに決済です。マイナスウン十万という決済を何回したのか覚えてません。
それに、証拠金の少ないFX会社のところはロスカットされてしまいました。

これって、何がきついかっていうと、もちろんお金が減ることもあるのですが、精神面的に本当ダメージが大きいのです。

これじゃ、寝不足になっちゃうよ。
これじゃ、胃に穴があいちゃうよ。
これじゃ、気がおかしくなっちゃうよ。

なので、決断するしかありませんでした。

まず、

・しっかりとした理由のものにポジションをとること。
・ちゃんとストップを決め、塩漬けをなくすこと。

そして、このブログを読んで頂けてる方の、少しでも参考になればという思いがあります。
私が味わった苦しみは、味わう必要はないと思います。
なので、その点を時々強く書きつづることがあると思います。

FXはゼロサムゲームといわれますが、せめて、ここで情報等を共有している方はwin-winで行けたらな、
と強く思っています。

よろしくお願いいたします。