はるか足 実践編 米ドル/円 MACDとの違い

はるか足とMACDとの違い(米ドル/円の60分足)

こんにちは。

今回は最近の米ドル/円の60分足を用いてはるか足とMACDの違いを示したいと思います。

はるか足の推奨足は5分ですが、その他でも応用可と思います。

その1
20140519

サブウインドウのやや右側の黒丸(MACD)ではシグナルとMACDが絡んでしまっていますが、メインのはるか足では上昇トレンドを維持したままですね。このへんは助かります。

しかしながら、はるか足は性質上MACDよりも少し遅れてクロスするようです。図では真ん中の黒丸と赤丸ですね。

その2
20140520

こちらははっきりしていて、MACDのだましをきっちり回避しています。

はるか足は確かにMACDのだましを回避できます。しかしながら、完全かというとそうでもありません。
ただ、今のところ言えるのはかなり有効と言えると思います。

更に使えるようにするため、相性の良いテクニカルを検討しています。

はるか足の導入経緯はこちらに書いてます。
「はるか足」のカテゴリーへ

また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: はるか足   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :